我が家に「掃き出し口」発見2005年10月18日 17:06

最近、プライベートタイムは探し物、片付けに終始している。出版社仕事で使う資料を探したり藤子FCで使う資料を探したり、探したり探したり。

昨年の引越し以来どころか10数年サボっていた片づけをいっぺんにやってるような有様。山になった荷物をひっくり返して整頓をしながら突き進む。

今日も目的の品にたどり着けなかったのに「不思議な風景」を見つけて、妙に達成感を感じて続ける意欲を失ってしまっている。
その風景とは「掃き出し口」。

我が家は関東大震災でも焼けずに残ったとんでもなく古い家屋。そもそもは一般住居ではなかったのか収納スペースを後から作っている。
廊下が家の端まで続いているところを途中で棚とフタを作り足し押入れにしている。
今日も目的のものは発掘できなかった。あるのは壁だけ、と思ったらその壁がない。

家の外装は30年くらい前にむき出しを覆うようにトタンを貼り付けているのだけど、押入れの奥にトタンが見えている。トタンを貼る前はどうなっていたのか想像が付かない不思議な光景。廊下の端が四角く開いていて窓がはまっていた形跡がない。まるで通風孔のような。

親に尋ねるとそれは『掃き出し口』だと言う。ほうきで掃いたチリをそこから出すというのだ。え~!? 
ダストシュートとでも言えばいいのか、それとも中世ヨーロッパのように窓からオマルの中身を投げ出す無責任さにも通じる。古い日本家屋にそんなものがあったなんて知らなかった。しかも自分の家なのに。

何よりも不思議なのはフタか窓があった形跡がないこと。冬の寒い間はどうしていたのでしょう。親に再び尋ねるが「そんなこと知らない。」との返事。
思い切りネズミが出入りしてる形跡があるので、早いうちに対処をしないと……。

掃き出し口を今でも使ってる家があったら、冬場の謎、教えてください。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック