プロファイリングを楽しむ~トムとジェリーのソープディッシュ2005年10月04日 07:16

シール図柄とソープディッシュが妙にシンメトリー
土曜日の買い物840円のトムとジェリー・ソープディッシュ。

古本なんかだと蔵書印やサインの宛名などで前の持ち主を創造して楽しむ部分がありますが古物玩具でも時々そんなことがあります。
これもそんな状態。
トムとジェリーが浸かっているバスタブにはうっすら石鹸の乾いたものが付いていたので実際に使っていたもののようです。
そしてサイドには『ポカホンタス』の転写シールが貼られていました。右側にはポカホンタス、反対側にはポカホンタスの友達のアライグマ”ミーコ”。
日本で流通を見たことのないソープディッシュ、『ポカホンタス』というセレクトから言ってアメリカ本国か米軍基地の中の家庭で使われていた物のように感じます。
このミスマッチな組み合わせは子供なればこそでしょう。
日本では古い作品を与える風景ならば想像つくのですが、ポカホンタスは浸透しているように感じません。
ポカホンタスの転写シールが子供の生活環境にある点で日本の一般家庭とは想像しにくいです。

持ち主は成長して不要になったのでしょう。さて、海を渡ったのは持ち主なのかソープディッシュなのか謎です。
そもそもはメイド・イン・チャイナの商品がどんな旅を経て我が家にたどりついたのか。想像するだけでも楽しいです。

でもロマンとマニア心は別腹。写真撮影が終わったらマジックスポンジで転写シールは落としてしまいました。
おもちゃクリーニングも趣味のひとつ……。

95年『トムとジェリーの大冒険』イベントのヒトコマ2005年10月04日 08:58

向丘遊園~トムとジェリーイベント
95年8月20日今はなき向ヶ丘遊園で開催された「映画公開記念みんなで遊ぼうトムとジェリーの大冒険」というイベント写真です。
真夏の暑い日に毛皮を着なければいけなかった中の人…もとい、トムとジェリーはさぞかし大変だったと思います。

踊りを披露した後、二人はサイン会。なぜかトムが一人で”TOM and JERRY”と二人分のサインを書いてくれました(笑)。
サイン会でも2人は子供たちとお母さんに大人気。

映画のできるまでを展示した特設会場(…と言う名前のプレハブ…そして蒸し風呂…)が設置されていました。
映画の出来はすでに知っていたので期待はなかったのですが意外に満足。カラーコピーではありましたが、アニメーターの手仕事を感じることができるイメージボードを見られたのが貴重でした。
中にはチキチキマシンのような車のデザインや、「ムテキング」のヒロインのようなロビンの没デザインが。

当時、ファンとして「トムとジェリーの大冒険」は不満だった作品だったのに過ぎ去ればよき思い出。好きな作品というか、憎めない作品になりました。

でもDVD未発売でも全然困らない…。
(見返したい欲求が湧かないから。)

ビューマスター!2005年10月05日 15:57

ビューマスター
以前リールだけは話題にしたこれがビューマスターの本体。

双眼鏡方のビューワーにフィルムの収まった円形のリールを差し込むと立体写真が楽しめる知育系玩具。
ラブ・バッグのリールだけで無く、半年ぐらい前に購入したウルトラマンのリールも本体の発掘を愉しみにしたまま時間が経過していた。先週は別の用件で部屋の捜索作業をしていて、それらしい荷物を見つけ狂喜したのだけれど、大量のリールでした。肝心のビューワ−は見つからないまま。

部屋がスゴイ友人の話で、資料で使いたい漫画が部屋に有るのが分かっているけれど掘り出すのが大変なので、結局文庫など別形態で買い直してすますことを続け、ますます物を増やす悪循環をきいて苦笑していた自分。
今回は自分に苦笑です。

先日のスーフェス会場で何度もビューマスターを手に取り4、5コ目になるビューワーを買おうとしていました。

会場では買わなかったのですが結局、同日に某店舗で”欲しいリールの為に本体が付いてきちゃった”と自分をゴマかして購入。

もう、バカかと。
■ビューマスター関連エントリー
View Master / ディズニー・オン・パレード(日本版) ― 2009年06月19日
View Master /5048 グランド・ティートン ― 2008年10月14日
スーフェス2008春・買い物メモ ― 2008年04月29日
ビューマスター『カーズ』リール ― 2007年05月01日
HMT『リロ&スティッチ』オーストラリア版(2002年)/猛犬スティッチ ほか ― 2006年07月10日
ビューマスター/続ラブバッグ ~感動を再び! ― 2006年06月25日
立体写真の感動よ、ありがとうビューマスターリール~Love Bug ― 2005年10月11日
ウルトラマンの立体映像 ― 2005年10月07日
ディズニーランド50周年記念ビューマスター ― 2005年10月06日
ちなみに…発掘されたビューマスターリールたち ― 2005年10月06日
ビューマスター! ― 2005年10月05日
ビューマスター/ラブバッグ ― 2005年09月18日

ちなみに…発掘されたビューマスターリールたち2005年10月06日 12:46

View Master のリール
画像が1記事にひとつなのがどーもやりにくいなぁ。

と言うわけで前の記事で出てきたビューマスターリールのマイ・コレクション。

ディズニーランド50周年記念ビューマスター2005年10月06日 15:58

ディズニーランド50周年記念ビューマスター
カルフォルニアのディズニーランドは開園50周年。それを記念して園内では50周年記念のビューマスターが販売中。
立体写真のだいご味は現場の空気感。時を経て魅力が倍加するこんなモチーフでこんな商品を企画されたらたまらない。(と自分を納得させ)
ビューマスターは40年以上の歴史を誇る玩具なのでソフトの豊富さも魅力のひとつ。考えてみるとカルフォルニア・ディズニーランドの開園時にビューマスターは既にあった訳。全てが純正の立体写真と言えるリールで貴重な古い素材だったら満点の商品……なのだけれど、残念ながらそれは一部。

それでも好企画なので、もっと昔のリールを出すような形に発展してくれないかなぁ。

ウルトラマンの立体映像2005年10月07日 06:59

ウルトラマンのVMリール(部分)とパッケージ
買ってから半年。中身を見たかったウルトラマンのリールをやっと! やっと見ることができた!!

アメリカのソフトが中心の玩具なので日本のオリジナルリールは結構珍しい。全てでは無いけれど純正の立体写真が含まれていて”中アタリ”の買い物感覚。

昔の自分だったら決して喜ばないだろうアトラク・スーツの立体写真満載。
今となってはかえってツボな内容でした。
3リールの内訳は「帰ってきたウルトラマン」「ウルトラマンレオ」「ウルトラマン80」。この内訳もすごく不思議……。
造型物に高い資料性を感じるジャンルだけに今からでも遅く無い、現存物や新規スーツができるたびにステレオグラム(立体写真)撮影すべきですよ!
……と思った次第。

プチトイズ/ピクサー 「箱買いしても揃わない」実体験2005年10月07日 18:26

プチトイズ/ピクサー編
さくらやホビー館で購入すると割引の上にポイントが加算されるので箱買いしちゃいました。
ディズニーものは今まで欠かさず購入してきたシリーズなので箱で飼うほうがよっぽど安上がりだと今までの体験から導き出した答えだったのです。
しかし、以前自分のブログに寄せられたコメントの悲痛な叫びがついに我が身に起こりました。

シークレットが出ない!出ない!出ない!
箱で出なかったのを筆頭に、その後バラで購入するときに経験から”ココ”と言う場所から購入し続けているのですが、まるでシークレットに遭遇できずに居ます。
さぁて、高いお金を払って購入すべきか、努力を続けるべきか。運試しはまだまだ終わりそうにありません。

■関連エントリー
プチトイズ「リロ・アンド・スティッチ~シリーズ」 [2005年05月17日(火)]
プチトイズ・ディズニー [2005年04月21日(木)]
プチトイズ/Mr.インクレディブル<組合せ付記> [2004年12月02日(木)]