映画は”一言の感想”でいい ~私は狂人になりたい2006年01月16日 00:00

LD『ニュー・シネマ・パラダイス3時間完全オリジナル版』ジャケット
『ニュー・シネマ・パラダイス』の中には様々な観客が登場し、それぞれの方法で映画を楽しんでいます。
寝に来ていたかと思えば、ひとたび気に入る作品があれば台詞を暗唱するまで見る男、デートツールにするカップル、ポルノ映画がわりにする思春期の少年、などなど……。

昨日まで散々長文で好きな映画は深く見て欲しいと言ったものの、全ての人にそれを求めるのは間違っているのも分かっています。探求型の鑑賞方法はあくまでも”作り手寄りの見方”だと言えるからです。
何しろこの映画で自分が一番あこがれる観客は”広場の狂人”です。

彼は村人に大絶賛されるメロドラマを見て「気に入らーん!!」と怒り、映画館オーナーにまで「いい映画だが、難しい。」と評される『さすらい』(ミケランジェロ・アントニオーニ監督作品・1957年)を見て「気に入ったぞー!!」と喜ぶヤツだ。

周りの意見に惑わされず、直感的に一言で評するのも映画の見方としては大アリだ。小難しく語る半可通よりもよっぽど好感が持てます。
作り手など気にせず感覚で楽しむもの、それがもうひとつの映画の真の姿でもある。

私は狂人の鑑賞スタイルに憧れてます。

ちなみに、16年前にこの映画を初めてみた感想は「良かった、でもモヤモヤする。」でした。


※「さすらい」登場シーンは「3時間完全オリジナル版」のみ。
 画像はLDジャケット。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック