アトラクション・フィルム”キスシーン”だけで泣け!2006年11月11日 21:15

『DISC LINER』1992年12月号。メイン特集は「Kiss」
G・トルナトーレの最新作『La sconosciuta(意:未知のもの)』 がイタリアで今月公開され、日本上陸が待ち遠しいです。タイトルが女性名詞への形容という点からして、トルナトーレ節が期待できそうです。またも愛の美しさとグロいまでの醜さを同時に描くような作品が来るのか? ワクドキです。

さておき、世では美しいラストシーンとして多くに人を涙させている『ニューシネマパラダイス』のラストシーン。一方で、あれは音楽の力だと言ってみたり、アイデア勝ちと切って捨てたがる方もおられるようです。
ファンだったら、そんな否定的な意見に真っ向勝負して素晴らしさを力説すべきなのかもしれませんが、自分も多いにその意見に賛成だったりします。

音楽の力を無視して語るのは片手落ちだと思います。これでもかと盛り上げるオーケストレーションを奏でる『愛のテーマ』にキスシーンを集めたラッシュのシンクロは、その部分を切り取っただけでも、充分にアトラクションフィルムとして成立するものだと思います。

事実、こんなの出てました。(※冒頭画像:1992年12月広告チラシ) 往年の名画からキスシーンだけを集めたキス・シーン版”ザッツ・エンターテイメント”!題してKiss

ストーリーがなくても、コンピレーション・アルバムとして充分に商品価値を持っていると立証してしまったかのようなソフトです。

製作者のインタビューによれば『ニューシネマパラダイス』にインスパイアされて作られたフィルム。まんまな理由です。
そういえばディズニーアニメのキスシーンだけを集めた『TheDisney kiss』と言う小型の本も発行されていました。この頃、映画が作ったプチ・ブームともいえる現象が生んだほんの一部の事例です。

コロンブスの卵とも言うべき『ニュー・シネマ・パラダイス』のラストシーン。この発想はストーリーの文脈に関係なくとも人を魅了するアプローチだったとも言えそうです。

さて、ストーリーがなくても「泣ける」かチャレンジする人はいませんか?

もちろん自分はアトラクションにしてしまうよりも映画として味わう方が素晴らしいし、そちらを評価している事は言うまでもありません。

▼アマゾンで『Kiss』を探す

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック