アブ・アイワークス・コレクション1&22006年09月14日 04:44

CARTOONS THAT TIME FORGOT -THE UB IWORKS COLLECTION- vol.1
疑惑の原画が本人のクリーンナップかどうかは別として、最初は一人で描いていたと言うから、元絵は確かにアブの仕事。

ミッキーマウスの生みの親と言えば、世間的にはウォルト・ディズニーですが彼はスクリプトの生みの親。デザインやアニメーションとしての生みの親はアブ・アイワークスと言う才人の手によります。
マット合成の技術により、アカデミー賞の科学・技術賞を2度受賞。ヒッチコックの「」の特殊効果もアブ・アイワークスの仕事。ミッキーと「鳥」は兄弟分だと思うと不思議なもんです。
アブはウォルトと共にアニメーションスタジオ『ラフォ・グラム』を興した人物で、ミッキーマウスを生み出した人物の一人ですがウォルトと肌が合わず31年に独立します。MGMで『蛙のフリップ/ Frip the Frog』『 Willie Whoppar』『Comi Color Cartoons』などのアニメ・シリーズを製作。全体的にストーリー性は低く、音楽に合わせて踊ったり画面をひたすら動かす作風が多いです。

『蛙のフリップ』は時期に寄ってかなりキャラクターデザインが揺れるキャラクターで、一時、耳のないミッキーマウスのような状態もありました(vol.2のDVDジャケット右下に見えるのも彼です。vol.1の中央と同じキャラ。)。他のシリーズに比べキャラクター・アニメ的。後にディズニーに戻ってプロデュースした作品に「イカボードとトード氏」があるのが何か因縁のようです。(トード氏は”ヒキガエル氏”の意。)

アメリカでは作品集DVDが発売されているのですがビデオ→LD→DVDと機械的に再ソフト化されているので、章立ても順番も適当です。しかしその適当さゆえに収録作品は多彩で盛りだくさんです。
通常、リージョン問題を言わないといけないパターンですが、このソフトは表示こそリージョン1(アメリカ国内限定)ですが、実際にプレイヤーに入れてみると日本国内機でも再生可能、フリー設定でした。

スキモノにしかお勧めできない内容な気もするのですが、友人もネットの中の人もそういう人ばっかりと思いますので、どぞ。

▼アマゾン.comにて
アブ・アイワークス・コレクション1
アブ・アイワークス・コレクション2

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック