『トムとジェリー』アクションフィギュア、出来すンごい!2006年09月06日 17:25

Tom and Jerry Action Figure "NO TRESPASSING!" / by McFARLANE TOYS
フィギュア雑誌の記事を見て、実際の商品がどんなものかピンとこないものだったのですが店頭で出会ってみて驚きました。これはすごい。
ブリスター入りアクションフィギュアだとは思えない精巧なディテールと曲線的な動線を再現したポージング。どこがアクションするの?と言う疑問も湧きますが、ディスプレイがメインの大人の購買者にとっては下手な分割線が入ったフィギュアよりもこういう方が何倍も嬉しい。
ちなみにアクションするのはトムを支点にバネで固定されているので、2匹がユラユラする部分。
ハンナバーベラのアニメーションシリーズをピックアップした商品で第一弾は全6種類。FRINTSTONES(=原始家族/フリントストーン/恐妻天国)は2種、QUICK DRAW McGRAW(早撃ちマック)、HONG KONG PHOOEY(ほえよ!0011)そしてTOM and JERRY(トムとジェリー)2種リリース。
パッケージ裏面
「ほえよ!0011(ゼロゼロワンワン)」も世代的に響く作品なのですが平均2800円で店頭に並んでいたので複数購入はキビシイ。心の中のお母さんが「一つにしなさい!」と言ったので、絞り込んで購入。それが『トムとジェリー/NO TRESPASSING!』です。
NO TRESPASSING!
やはり劇中どおりの追いかけっこのイメージを再現しているほうが嬉しい。ポージングも振り下ろしたハンマーからジェリーの尻尾に繋がる曲線、トムの尻尾に向かう直線に近い曲線がトゥーン作画の醍醐味を感じさせたまらない魅力を感じます。
今風なフィギュアファン的に見れば「ヒゲまで別素材でスゲェ」って感じでしょうか。
メーカーはスポーンでフィギュア界を変えた”マクファーレントイ”。日本のファンに「激ヤバ即Get!」の合言葉を生ませたメーカーです(笑)。普段はそんな風に思わないメーカーですが、「激ヤバ即Get!」と思った久々の商品です。

世田谷文学館「不滅のヒーローウルトラマン展」2006年09月07日 23:29

世田谷文学館「不滅のヒーローウルトラマン展」リーフレット
今年の夏は、異常なほどにイベントが熱い!、そしてその夏がもう終わる!

毎年『ウルトラマンフェスティバル』へ行く怪獣好き友人数人と、いつ行くのかメンバーのタイミングを計っていた2つの展示を一日でハシゴすると言う強行スケジュールで敢行。秋を感じ始めていた気分が一気に真夏へ戻る楽しい一日でした。

まずは世田谷文学館で今週日曜までの公開になる「不滅のヒーローウルトラマン展」へ。
その名の通り、文豪の企画展を多く行っていた場所らしく、文芸的な部分をクローズアップした展示バランスを思わせました。(もちろん、造形物の展示やその解説もありました。)
円谷英二監督の日記の中にはウルトラマンのラッシュを見てイマイチだったと漏らす部分があったり気になる内容。
金城哲夫の自筆ノートは、几帳面な見かけなのに部品を構成する地道な作業が時に力強い迫力を感じるような存在感。もっとじっくり見てみたいものです。
大伴昌司の怪獣図解の原画と完成図の展示などの魅力いっぱいの展示。 子供の頃、本がバタバタになるまで読んだ怪獣図解の誕生の過程が生々しく展示されていました。

会場には短冊に「忘れられない怪獣」を描いて貼り付けるスペースがあって、絵心あるメンバーがそれぞれ描きました。”好きな怪獣”ではなくて”忘れられない”と言うところがミソだと思った僕らはトラウマ怪獣のようなラインナップで怪獣をピックアップ。自分は”コンピューゴン”(ザ・ウルトラマン)と 邪道ぎみのアニメ怪獣をセレクト。これが世代的ストライクだった悲しいトラウマ……。怪獣消しゴムの存在のおかげで結構好きな怪獣だったりします。

『ブースカ・ブースカ』版ブースカと記念撮影。
ここはやっぱり「バラサ バラサ」(ブースカ語の喜びの表現)しておかないと。
約10年前、某TV出演時も「バラサ」をやらかして、周りを引かせたけど、年齢を重ねると更に寒い空気が漂ってる気がする。もう、開き直りの世界。「バラサ」と言うより「バカさ」になってる?

世田谷美術館を後に次は川崎・岡本太郎美術館へ。
ウルトラファン西へ。

つづく

岡本太郎美術館「ウルトラマン伝説展」2006年09月08日 16:30

岡本太郎美術館「ウルトラマン伝説展」チラシ
「伝説のヒーロー・ウルトラマン展」からハシゴしたのは向ヶ丘遊園駅が最寄り駅になる川崎岡本太郎美術館。こちらでは「ウルトラマン伝説展」の特別展示が9/24まで開催中。巡回展もある模様。

岡本太郎が参加した特撮映画『宇宙人東京に現わる』を接点に、芸術家と映像作品とのかかわりにスポットを当てた展示内容。
彫刻家である成田亨がデザイン画を起こし、画家である高山良策が着ぐるみを造形する交差したコラボレートを作業工程順に展示。
2001年に練馬美術館であった『高山良策の世界展』ではデザイン画との連係した展示が見られなかっただけに今回の展示は感慨深く嬉しい内容。
人間のシュルエットを配置した着ぐるみの図面は工業的に見えてこれまでの芸術家の手仕事のイメージとギャップを感じて面白い仕事のステップだった。

目録を期待していた自分は迷わず購入したパンフレット1200円。展示物の純粋な目録をイメージしていたのだけど、小学館「ウルトラマンDNA」編集部編集の読みもの系パンフレットでした。もうチョイ展示物の画像に誌面を割いて欲しかったのが正直な感想。内容は良いのですが。


とにかく一日たっぷりウルトラ漬けの一日で、帰りの小田急線のホームにロマンスカーがくれば良いのにと妄想。いや、それじゃ帰れなくなっちゃうか。

デゴイチ!2006年09月09日 17:17

生田緑地に展示される『D51』、デゴイチ!
そんな一日を過ごして岡本太郎美術館から生田緑地を抜けて帰ろうとしたときにSLが展示されていると聞いてみんなで寄り道。
SLの撮影会のような様相になりました。いくつになっても男の子はこういうの好きだと言い張ってみる。
そういえば交通博物館に通っていた頃、握り締めていたのはデゴイチだったなぁ。実物だと見上げる形になるから見えないけれど、運転台の上のルーフ部分が懐中電灯のスイッチのようなディテールになっていて、子供の頃はてっきり玩具のスイッチ表現だと思い込んでいました(アホ)。そこも遠目に見ればうっすら確認できました。

ここの素晴らしいところは運転室を覗けるように横に階段が設置されていること。さすがに保護のアクリルが貼られていて、入るような荒業は許されていませんが、観察できて嬉しかったです。
身長的に無理があるかも知れないけれど、うまく覗き込めば空っぽの炭水車(テンダ)を見ることが出来るので、水と2層になる境目が坂になっていることが確認できます。走っている車両だと石炭で見えない部分なので、こういう時にこそ確認しようと覗き込んだら、ちょっとゴミが積もってました(笑)。


デゴイチD-51のチョロQトレイン2006年09月09日 23:20

チョロQトレインD-51(1994)
ふと人様にのブログを読んでいたら9/9はQに絡めて”チョロQの日”だったのだと気がつきました。何かネタでも転がっていないかと部屋を見回してこれに決めました。
今日のもう一つのエントリー、デゴイチに絡めてチョロQになったデゴイチD-51です。
1994年リリース、「チョロQトレイン」のラインナップの一つです。92年から始まった鉄道モチーフの商品です。子供に人気の新幹線など最新車両をラインナップする定番の選択に加えて、次に来る人気者と言えばいつの時代もSLと言うことなのでしょうか。
正直、最近のSLの商品化に比べて処理もこなれていないし、ディフォルメも無骨な商品なのですがここはデゴイチだから許す、そんな購入例です。
(いくらなんでも白いホイールのタイヤ状態は……最近のものならばホイールを白のままにはしないでしょうねぇ。)
正直、発売してすぐ購入したくなるものでもなく、何かを諦めるように買った記憶があります(ヲイヲイ)。
炭水車は先頭車と固定されていて違和感アリです。ここがセパレート、もしくは可動だったら印象も違うものになっていたでしょう。

振り返れば10数年前の商品。足りない部分も味と許せるようになりました。過渡期なりの無骨さこそが味だと今は感じるアイテムです。

東急線「ウルトラマン★スタンプラリー」~スタンプラリー代行(笑2006年09月10日 16:15

東急線「ウルトラマン★スタンプラリー」台紙、景品の限定ソフビ「メビウスフィギュア(クリアバージョン)」
先日の『ピクサー展』には当日たまたま一緒だった友人を誘ったのですが、そのMKN氏の住まいは神奈川県の寒川町。用事で東京に出てくるときにはずんずんずんずんずんと電車で神奈川を横断して来ます。交通費はバカにならないので、一日周遊券を利用したり、色々工夫しているようです。
そんな彼がボソり、「ウルトラマンのスタンプラリーはやりました?」と聞いたから、さぁ大変。その日まで、知らなかった自分は詳細を尋ねる。
▼東急鉄道ニュースリリース

正式名称は『2006年夏休み「ウルトラマン生誕40周年記念作品」特別企画 東急線「ウルトラマンスタンプラリー」』。長っ!
一日周遊券を購入してスタンプラリーのシートを貰う手順はごく普通のもの。景品交換へのスタンプが6つと言うのも好バランス。全18種類と言う設定は行ってみてないからなんとも言えないけれど、それなりのハードルに感じます。なんと言っても惹き付けられたのが景品の東急線限定フィギュア「ウルトラマンメビウス(クリアバージョン)」。ムハ!

日付もないので唸ってしまったらMKN氏、帰りに押しながら帰っても良いので、周遊券を負担してくれと。お安い御用!

それを友人づてで手渡しされて受け取りました。嬉しい♪
スタンプの絵柄デザインもカッコイイ。
おぉ、他のスタンプも見たいと思う反面、スタンプシートの欄は6つで満杯になるように出来ている点に感謝です。もし、18の余白があればコンプリートを目指したくなってしまうのがコンプリ病の悪しき症状。6マスが埋まって完成と言うデザインのシートで心地よいです。(もう開催日も終わってしまっているし。)

フィギュアは食玩の対決シリーズの金型を流用した、クリアバージョンで確かに非売品。先着2万5千人と言うことで終了間際まで残っていてくれたおかげで手にすることが出来ました。
人任せにスタンプラリーをさせるなんて、スタンプラリーマニアとしたら末期症状のような気が……。

……あ、まだ払ってないや。

セピア色の夜明けに2006年09月11日 05:30

セピア色の夜明け
カメラを持ち出したときには既に色が変わってしまったけれど、不気味な赤さに目を奪われる夜明けでした。日が昇るにつれて黄色味がかって、みるみるとセピア色のような色に街の色は染まりました。
生放送のラジオのパーソナリティーも「こんなの初めてだ」なんて、空の色のを話題にしていました。

写真はちょっと半端な状態。発色って難しいモンですね。コントロールしちゃったら捏造になるので、そのままアップしてみました。