アンにもハマる2006年11月06日 05:00

NEWTYPE Illustrated Collection/ 赤毛のアン/角川書店刊(1992年)
NHK-BS2の「名作アニメ劇場」枠で再放送されている懐かしのアニメはハイジにもハマったばかりですが、同じ枠で放送されている『赤毛のアン』に現在は夢中です。新しいものを見ないで懐かしものばかり続けている自分、感性も老いてるか……?
ハイジと同じく本放映時の記憶はほぼなくて、視聴体制の記憶で一番濃いのはアシスタント先のM先生が朝の再放送をベータのテープで録画していた姿。あの時は朝もやのかかった脳みそで、作中の記憶は何も残らなかった。
それに引き換え、今の熱心なこと。
先月の後半は約二週間放送休止していてじれったい思いもあったのですが、最終回までの楽しめる期間が延びたとプラスに思ってます。
有名な数々のエピソードが出てくると「キター!」って感じで盛り上がってます。
先週、大爆笑だったのはお客様に出したケーキに痛み止めの薬を入れてしまってとんでもない味になるくだり。まだ放送は折り返し地点の手前です。
楽しみがたくさん残っていて嬉しいです。

しかし、本と言い食玩と言い意外と以前から買っていることに我ながら驚き。特に『NEWTYPE Illustrated Collection/ 赤毛のアン』角川書店刊(1992年)は買っといてくれてありがとう、過去の自分!

いやさ、そのような先物買いしているから荷物の山の狭間に寝起きする結果になってるのだけど、それは気づかないでおこう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック