雨の景色2007年01月22日 05:34

冬雨
寒かったり、おなかが減ってたり、お金がないと人は落ち込む。
今日は全てが当てはまる日。理屈では分かっていても感情が着いてこない。
出先から帰ろうと建物を出たら雨が降っていた。

こんな時、毎度思い出すのが古谷三敏さんの名作「ダメおやじ」の一編。前半のギャグ路線ではなく後半のヒューマン・ストーリーになってからのお話。進路に悩む女性と喫茶店で待ち合わせていたダメおやじ。話の途中で雨の降る外に出て話そうと言い出す。傘も持っていないのにと、気の進まない女性は雨の中を歩きながら普段とは違った輝きをもつ風景を発見していく。最後にダメおやじが「無駄だと思っても発見があるはずだよ。」と進路へのアドバイスをするというもの。あれを読んで以来、時々雨の中を歩きたい時ができた。

冬はあんまりやらないほうがいいかな。寒かったよ。
おなかの減りだけは帰宅して1.5倍のカップ麺を食べて解決、解決。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック