PEZ/レミーのおいしいレストラン2007年06月19日 08:30

PEZ / Ratatouille
近年の当ブログの流れで、ディズニー新作でのキャラクター商品一番乗りはPEZであることが多いことを、ここに来て意識しました。
そう、『レミーのおいしいレストラン』も、もう入手できるシーズンです。
“ラット”勢2種と“人間”勢2種の全4種類です。
レミー(赤ステム)、エミール(黄ステム)、リングイニ(オレンジステム)、スキナー(緑ステム)。

日本語では「レミー」は“ネズミ”と表記されることが多いですが、正確に表現するなら彼らはマウスではなく、“ラット(ドブネズミ)”。そんな彼らから出てくる食品と言うミスマッチは悪趣味の極地。いやさ、このミスマッチこそがこの作品の肝だと分かっているのですが、いざ差し出されるとギョッとしますね。

南フランス・プロヴァンス地方の料理で、ズッキーニとトマトが特徴的な煮込み料理「Ratatouille」。映画原題はフランス料理店を舞台にした作品らしい料理からとったタイトルであるのは言うまでもないですが、その綴りの中に“ラット”を入れ込んでいるあたり、ニヤリとさせられるタイトルです。昨年、邦題が発表されたときはガッカリしたのですが、まあ一般的な可愛げも増したし、覚えやすいのかなと再評価しています。

先日の監督&プロデューサーの来日会見の模様を伝えるいくつかのサイトを読みながらふと思いました。人間の影にキーになるネズミの存在があるというコンセプトがディズニー中篇『ben and me/フランクリン物語(1953)』に似ているな、と。あれも名作でした。
今回の作品にあのエッセンスが再見できるのか、そこも注目です。

いまさらですが映画公式サイト。
映画公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/remy/

▼amazon.co.jpで「ben and me/フランクリン物語」収録DVDを見る

コメント

_ ふこをさん ― 2007年06月20日 18:21

あー、確かに。>フランクリン物語

_ マクノスケ ― 2007年06月21日 11:17

フランクリン物語…知らないよ~。
面白いんだねえ。
でも、レミーの予告、劇場で見て「コックさんのイラスト」
が動き出すシーンで、もう、やられたーと!!!!
これは期待大ですー!

_ しらいしろう ― 2007年06月21日 14:40

ふこをさんサン<
賛同者が現れると、安心します。
ましてやオーソリティーならば心強いです。

オタク監督B・バードが知らないはずはないので、きっと何かしらやってるとは思うのですが……。

マクノスケさん<
自分もレンタルビデオ初期の『ワンス・アポン・マウス』で見た記憶が強いのでTVオンエア世代ではないと思います。
マイナー扱い、しかたがないでしょうね。
でも、保障つきでイイです。個人的には『シンデレラ』のジャックよりも『フランクリン物語』のエイモスのファンです。

近日、『フランクリン物語』のフォローエントリーUPるつもりです。
『レミー』鑑賞のもうひとつの手引きになれば、幸いです。

_ ふこをさん ― 2007年06月22日 06:06

 あと、フランスで料理でネズミなので、ジーン・ダイチの「アナトール」という短編も連想してました。
 ネズミが深夜匿名チーズ鑑定家になって、後に正式にチーズ会社に雇われるというという話。
 これ、童話が原作なんですが、「オリビアちゃん~」と同じ人が書いたんですな。ネズミ好き?

_ 蒼牡丹のお久美 ― 2007年06月22日 23:33

ごぶさた書き込みです。
確かスチュワートリトルだったか、ネズミに主人公が人工呼吸(=キス)し、それを第三者に目撃されて「ウギャー!」…みたいなシーンがあったんですが、すでに私も感情移入しちゃってるもんで「ペットのハムスターにチュッ」みたいな感覚で、その「ウギャー」の意味がよくわからなかったもんです。

強いて言うなら、ネズミじゃなくて、ゴキブリだったら!?みたいな感覚かね?と後で自分で軌道修正して、あらためて「ウギャー」と思った覚えが。

そういうわけで、「レミー…」も「汚いネズミが料理を」という根本的かつ重要なあたり、日本人に伝わるかしら?と思っちゃうんですが、いかがでしょ?

_ 27鳥 ― 2007年06月29日 20:53

お久しぶりです~
レミー、私も楽しみにしてます♪
エミール・・・レミーのお兄ちゃんでしたっけ?
彼、予告編からいいキャラのオーラが出てたような気がします(笑)
公開が待ちきれません!!

_ しらいしろう ― 2007年07月02日 02:09

うぉー、7月だぁ、ふざけんなカレンダー!

ふこぉさんサン<
下手なトムジェリ作者の認識でしかない、ジーン・ダイチなんですが、そんな作品もあるのですね。
自作での個性を見たことがないのでぜひ見てみたいですね。

アマゾンで調べたら原作本は2バージョンの翻訳が入手可能のようで、機会あったら読んでみたいと思います。
そういえば自分が「ラット差別」を初めて意識したのは『オリビアちゃんの冒険』でした。しかし、ラティガンラットはイカス!

蒼牡丹のお久美さん<
どもども、ごぶさたです。そして自分自身もオンラインがごぶさた気味だったりします。
『スチュアート・リトル』ではリトル家の飼い猫がオエーとか言ってましたっけ(うろ覚え。)

ゴキさんは自分も苦手なんでパス。

レミーは充分、気持ち悪さを描写(尻尾の肉感とか)していると思うので、気持ち悪さも出していると思うのですが観終わると、オールOKになってしまいそうですね。

27鳥さん<
どおも、こちらもお久しぶりで。
エミール…茶色いデブ・キャラネズミを見ると反射的に『シンデレラ』のガスのエピゴーネンか? とか思っちゃいます。凸凹コンビぶりを期待していたのですが、そこまでのキャラではないようです。
主軸はそっちにあらず、ってところで。

いや~、本当に楽しみですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック