PVC/ルーニー・テューンズ マッスル・ビーチ(1992)by Applause2008年07月08日 08:43

PVC / LOONEY TUNES Muscle Beach (1992)/ by Applause
PVC収集家の端くれとして、自分の収集品には思い入れと知識があり、いつ、どこのメーカーがどのタイミングで、何種類出したかとスラスラ言える自信があったのですが、最近記憶力の限界を感じ始めています。

たとえば今回のエントリー。一番最初の下書きは昨年秋。コレクションを整理して、これで全種だったと撮影していたのですが、先月になってタズを見つけ購入しました。そういえば、出てたっけねぇ。90年代前半は今のようにコンプリート病も重度ではなかったので、気に入ったものをつまんで買ってることが多いのでした。そして、後年になって“全て”を集めようとしたせいでコレクションにも記憶にも穴がある状態。

改めて考えると全て集める必要、責任なんて無いんですけどね。それを集めてしまうのがビョーキであり、コレクターのサガ。
PVC figurine / Bags Banny / Applause (1992)

バッグスはボクシングか、スパーリングなのか。関節を無視したポージングが功を奏して軽快かつ人を喰った動きを伝えています。
短編アニメとは偶然の一致でしょうが、同調しているあたり作品が根付いたアメリカの環境を感じます。(※誤記アリ、正解はコメント投稿を参照

PVC figurine / Taz / Applause (1992)

タズはレスリング。あまり面白みを感じないストレートな表現ですが、キャラクター性とのマッチングが面白味といったところでしょうか。
PVC figurine / Daffy Duck / Applause (1992)

ダフィはウェイト・リフティング。もう、おいしい笑いを独り占めのデザインです。表情づけも素敵ですが、ウェイトがめり込んだ足の表現、ポージングが、すごくイイ!

キャラクターの性格を考えるとトレーニングをするきっかけも、おそらくバッグスへのライバル心が発端に思えます。想像するとドラマ性まで感じてしまうシチュエーション設計! (それだけ型にはまった行動原理を持っているってハナシなんですが。)

PVC figurine / Porky Pig / Applause (1992)

ポーキーは何かスポーツをした後にドリンクを飲んで一休み。
おとぼけキャラクターらしい、ほのぼのとしたムード。
PVC figurine / Wile.E.Coyote / Applause (1992)

コヨーテはウォークマンをしてジョッキング。ウォークマンの存在のせいか、どこか80年代らしい空気を残したデザインです。

本体刻印は全て 
TM & (C)'92 Waner APPLAUSE(R) CHINA

全何種か、もはや自信持って言えない状態です。でも、これでヌケが無ければ……。

偏食な趣味の自覚に、うぇっぷ2008年07月08日 20:44

本日購入品、開封中
ローソン限定25周年フィギュアの後編「ディズニーシー」が店頭に並び始めていたので、持ち運べる分として5種(500ml×10本=5L)を購入、運搬。その足で今週の週刊マイ・ディズニーランド第41号を購入。

うへぇ、ディズニーづくし。どんだけぇ~?

正直、自分が希望する方向意外に偏っているのを感じて「うぇぇぇええ」。アニメーション混合じゃなくて、パークオンリーってのも「うぇぇぇええ」。
この現場を見た人に対する言い訳。
「ディズニーランドは以前に比べて格段に好きになったけど……。 めぼしいアニメも見たし、ウォルトの仕事でしゃぶるものがだんだん少なくなってきたから。しゃぶるとまだまだ味が出るし。」

どんだけワガママな言い草だよ。
いやさ、ディズニーに偏ってる時点で既に自分は居心地悪い。藤子ファンであったり、ディズニーファンであったり、怪獣ファンであったり、映画ファンであったり、それぞれの気持ちはあるけど、ひとつの世界でヌカルミに足をとられてる人に“見られる”のがきっと嫌なんだろうなぁ、と自己分析。

自分自身は偏りの自覚はあるんだけど、それなりに栄養バランスとってるともりだかんね。
ちなみに「週刊マイディズニーランド」以外に同時に買った本、「ぞうのホートンひとだすけ(復刊)」<絵本>、「みんなの山 岳 7巻」<まんが>。
……あれ、偏ってるか……。