T-shirt/ウォレスとグルミット(1997頃)2009年07月16日 00:18

T-shirt/http://Wallace and Gromit
同じ引き出しから出してるせいか、ことごとく90年代中盤に購入したシャツばかり着ている今日この頃。今日は「ウォレスとグルミット」。今でこそ説明の要らないキャラクターになっているけれど当時はまだまだ“知る人ぞ知る”キャラクター。たまたま早く夢中になったので、例によってキャラクター商品の飢餓状態にあえいでました(当時、日本未公開だったのです)。仕事でヨーロッパに行った96年にドイツで手当たりしだいに購入したら 売店のおばちゃんに「グルミット・ファンね!」と声をかけられました。今となってはそれも良い思い出です。

このシャツは、その前後に日本で購入したものだと思うのだけど……もしかするとお土産で戴いたものなのかも。こういう記憶が抜け落ちるあたり、自分はかなり失礼者。

今日、脱ぐときにタグが取れました(苦笑)。
なんだか「スクリーンスターズ」なるシリーズ名で、プレミアムTとか書いてある。
取れたタグ

トッポ・ジージョ付録のマスコット(1967)2009年07月16日 20:31

トッポ・ジージョ付録のマスコット(1967)
『小学三年生』昭和42年10月号の付録のマスコット。似てる、似てないを超越した、あまりに味のある造形!
耳は皮風のシボのついたビニール、顔はボンボン、目は貼り付けカプセル、鼻はフェルト、ひげは金色の紐製。そしてなんといっても体が厚紙という割り切り!

複合素材の集大成で、豪華なんだかチープなんだか訳のわからないバランスです。トッポ・ジージョ人気絶頂のタイミングなのでかなりこだわった“フィギュア”の付録と言えそう。素材のせいで、保存が難しそうなので、現存する固体なんて世の中に何個もないのだろうなぁ。

今も、こういう風合いは好きなのだけど、子供時代に感じた、マスコットものに感じる魅力の大きさ。あの感覚は今振り返ってなんとも説明しにくいものが……。チープゆえの良さなのかなぁ。

今の子供はまたいで通りそうだ(苦笑)。