ウルトラマン怪獣指人形20年の歴史2009年11月10日 15:43

ウルトラマンとその仲間
今現在、ウルトラマンショップ限定商品として販売されている指人形は、当初、ガシャポン商品として1989年バンダイより発売されました。まだ同じ商品がガシャポンと食玩とパッケージ(と事業部)を飛び越えてリリース。選択できないガチャガチャの機構をフォローする形で選択できる食玩パッケージの販売はありがたく、コレクションの両輪として機能していました。
ウルトラマン倶楽部PART1(1989) ミニブック
ウルトラマン倶楽部(PART1~6)/商品カタログより
(カプセル販売「ウルトラマン倶楽部」はパート10の予告までは確認。食玩「ウルトラマンとその仲間」(1990~)は通し弾の表示がないので不明。)
ウルトラマンとその仲間/バンダイ(食玩)


カプセルや食玩での販売が消え、バンダイからリリースされなくなった指人形はいつしかウルトラマンフェスティバルなどのイベント販売が始まり、YUTAKA/丸越のフックトイ、アミューズメントゲームの景品用(BANPRESTリリース)、人形すくいや円谷直営店での“ザラザラ売り”の名物商品になりました。
ウルトラマンフェスティバル2009/指人形販売風景

前後しますが、94年後楽園プリズムホールで開催されたウルトラマンフェスティバルで新作「ウルトラマンパワード」のフィーチャーにあわせ同キャラクターの新作指人形がリリース。以降、新作毎とイベントを大きな節目としてラインナップが追加(時にリタイアで整理)され、発売19年を経ても新商品が追加され一大コレクションへと成長、ファンに愛され続けている。

また、コレクターには頭の痛い限定品やバージョン違いも多い商品。98年のウルフェスを皮切りにイベントや映画などいろいろな機会、キャンペーンで“限定”版がリリースされ、振り回されることが多くなった。(手踊り人形より小さい人形に、踊らされている!)

通常商品の大幅な一斉彩色変更は2シーズンありました。本家のソフビ人形コレクションのリニューアルに影響される形で、96年のソフビ軟質化の機会に、指人形も軟質化。このタイミングに前後して指人形も多くのラインナップがイメージを一新。成形色と塗料の変更が行われました。

指人形/軟質ソフビ化のモデルチェンジ(おおざっぱ)
2001年のリニューアルでは、本家ウルトラ怪獣シリーズと同コンセプトのモデルチェンジ。より一層映像作品をイメージしたカラーリングになり、彩色用マスクも変更。色数も格段に増えた。
指人形/主に2001年に変更された新色たち

(※画像は厳密ではなく、ザックリ整理中のもの。彩色変更も網羅していません。また、2シーズン以外にもキャラクターによってマイナーチェンジが行われている場合があります。)
指人形/ケムール人バリエーション(左から、硬質ソフビ時代A、B、軟質化時カラー、黒は2001年変更カラー)

2009年はシリーズ20周年。これから20年を越えてどんな新時代がやってくるのか楽しみにしています。(「2020年の挑戦」まではあと10年!?)
東京駅ウルトラマンワールドM78/ウルトラマン指人形