少しは私に○をください2010年06月03日 16:39

絶賛フェードアウト中の印象をかもす当ブログ。
一時はツイッターに夢中になったせいもあるけれど、そちらも一気に興味が薄くなりつつある今日この頃。

決してやる気が失せたわけでもなく、「これはブログ用に……」といいながらデジカメのシャッターを切ることはいまだ続けています。
何かちょっとしたきっかけで生活リズムが今までと変わってしまった感じでしょうか。せっかくPCが新調されて、安定したオンライン生活に返り咲いたというのに、どーも、以前の調子が取り戻せない。トントントンとリズム刻んで週末にまとめて更新するパターン崩れているしなぁ。

とはいえ、ブログを完全放置にする気はまったくなく、どこかで調子を取り戻したいと思っている今日この頃です。

まずは生存報告しておこうと言う趣旨のエントリーです。

表題は小椋桂さんの詩であれば「愛」が入るフレーズですが、果たして自分に足りないものは何だろう。暇? 財力? 才能? 情熱? 自信? 努力? それとも愛? (苦笑)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック