映画『127時間』観て来たよ2011年07月01日 23:42

映画『127時間』/日比谷シャンテ
今日は映画の日。

映画の日に観る映画は“半券コレクター”としては、券を保存したい欲求に陥らなさそうな映画という、屈折した作品セレクトになります。

そこで考えた挙句に決めたのが『127時間』です。
評判はもちろん、背手地を聞けばそのラストは用意に想像つくものの、その過程が気になってしょうがない映画、おそらく一度観ればその欲求は満たされて満腹になれるし反面、リピーターになるとは予想し得ない作品だからです。

ぜんぜん知らない人のために軽い説明。
『127時間』とは、主人公が山で遭難している時間のこと。落石で身動きの取れない主人公がすごす127時間を描く作品なのです。

一人の人間が身動き取れない心理的名ドラマを描くにしても、映画の大半は一人の男を延々観ることになる。アクションは期待できない。何しろ動けないんだから。
ベースド・オン・トゥルー・ストーリー。監督はダニー・ボイル(「スラムドック・ミリオネヤ」)、主演はジェームズ・フランコ。

生死の境目に反芻するドラマダレもが自分の人生を見つめなおし、共感するテーマでしょう。自分もそこに尽きます。

カートゥーン・ファンとしてお得だったのは、『スクービー・ドゥー』が意外なキーパーソン(キードック?)として登場していたこと。日本名:クルッパーの彼です。怖がりの犬なのに、毎回オバケ屋敷を探検して震え上がる“弱虫毛虫のクルッパー”です。

ドラマ的には待ち合わせの目印なんですが、恐怖を描くところに“弱虫”を持ってくる仕掛けにシビれました。主題歌にも!

  上映時間94分。映像の生で激しくのどが渇きました。そして生抜くことの美しさをかみ締めました。

公式HP:http://127movie.jp/

Tシャツ/おとうさんとぼく(96年ごろ)2011年07月02日 17:49

Vater und Sohn / Germany T-shats
Vater und Sohn / Germany T-shats

E.O.プラウエン作のドイツの古典漫画「おとうさんとぼく」。
ドイツに訪問したときにはドイツ版単行本と、並んでいたこのTシャツとエコバックを迷わず購入しました。もしも他にもグッズが並んでいたら、ごっそりと購入していたことでしょう。それくらい好きです。

これを着ていたら、背中の4コマを読んで「あんまり面白くないね。」とキビシイ感想を投げかけられましたが、やはりキャラクター性は重ねて読まないとつかめず面白くないし、パンチの効いたギャグはキャラクター・パーソナリティーとは違うところに向かってしまうせいか、両者を合致させて1つだけ選ぶというのは難しいと思います。自分はキャラクター性を理解しているから、「ほのぼの」できるんですけどね。

小学生時代、岩波少年文庫でこの作品を読んだときは、まんがとしての暖かさでぬくぬくしていたのに、解説で添えられた作者の欄万丈の人生への衝撃になんともいえないマンガという仕事の崇高なものを感じたものです。

政治風刺を得意とした作者でしたがナチス支配下のドイツで反政府的とにらまれ変名で作品を発表しました。故郷の名を取り入れたペンネームで発表したこの作品は一切政治に触れず、ひたすら暖かい生活を活写したまんがです。作者はその後ゲシュタポに投獄され、獄中自殺をしてしまいます。
この作品とは間逆のような生き様がショッキングでした。そんな作者が描く幸せの世界。そのかけがえのなさは、いつ読んでもまぶしいです。

以前も書きましたが、違う書名で復刻されています。)


ともあれ、今年も自分はこのTシャツを着ています。

「おとうさんとぼく」着用中

生かされた子供 <じぶん思い出話>2011年07月03日 23:59

自分の左足のくるぶしには4cmほどの大きさのダイヤ型の傷跡があります。

まだ物心もつかない幼児期。自分は別途から落ちて頭蓋骨のヒビも入れたし、やたらと病気もしたし、とにかく親に心配かけどおしの子供でした。

ある年の連休なのか正月だったか、自分は調子を崩しました。熱を出し、吐いて、泣いて。両親にとって三人目の子供だった自分は、子育てに慣れた状態で育てられたとは言え、手のかかる子供だったようです。

親父は医者の息子だったので、どうも医者に関してはそっち視点で捉えるきらいがあるようで、年末年始の休診の時には医者に行くなと止めていたようで、自分は調子を崩したまま連休をすごしていました。親いわく、寝たまま上に噴水のように吐しゃしていたとか。

ところが、数日続けたあげく、自分はもはや泣き声をあげる元気もなく衰弱。そこまできたら、もう医者を気遣う意見なんかも吹き飛んだようです。母はあわてて救急のある病院に連れていきました。
でも、そこには救急を待つ患者待ちで混んでいました。ぐったりする自分を見かねた待合室の患者たちは、なんだかおかしい、大変そうだと自分たちは後回しでと順番を譲り、最優先で診てもらえることになりました。

診察台に乗せられた自分はぐったり。医師は見るなり大変な状態だとくるぶしにメスを入れ点滴のチューブを入れました。
もう30分も遅ければ命を落としていたかもしれない、間に合って良かったと言う診断でした。脱水症状で危ない状態だったそうです。

それまでも病弱や別途からの落下等々で心配をかけた自分ですが、一番死に近いところまでいったのは、この時だったかもしれません。

時折、存在すら忘れかけている傷が目に入ると、改めてこの一件を思い出し生かされている不思議を思うのです。

三菱銀行貯金箱/クマのプーさん(1967)2011年07月04日 20:30

三菱銀行ディズニーキャラクター貯金箱/クマのプーさん(1967)
三菱ディズニーキャラクター貯金箱1967年登場の第五弾は『クマのプーさん』。(現在は通常「くまのプーさん」表記ですが、60-70年代の劇場公開タイトルは「クマのプーさん」なので、当時表記に準拠させました。)

今のかわいさを強調させた印象のあるデザインに比べ、牧歌的でのんきな大将とでも呼びたくなる雰囲気。ヘンに自覚的な目線のある現在のファンシーアイテムのプーさんに比べて、自分にはこっちが知ってる“プーさん”だなぁ。(※懐古主義者のたわごと)
三菱銀行ディズニーキャラクター貯金箱/クマのプーさん(1967)
大好きな“はちみち”のつぼを抱え、座っているポージングは約30年の時を経て再登場したプーさんとほぼ変わらないものです。成型や再現の技術力の向上がこうも変わったと見比べられるアイテムです。

三菱銀行ディズニーキャラクター貯金箱/くまのプーさん67年版と94年版比較
イメージに変化が無いと言う意味では、プーさんはいつの時代でもプーさんなのだと安心もできる2ショットです。

東京ディズニーシー/ファンタズミック マスコットつきクッキー2011年07月08日 20:08

Fantasmic ! Mickey mouse mascot with Cookie / Tokyo Disneysea
日本版「ファンタズミック」は未体験のまま、海外版との違いに怪訝な気持ちでいて………。今のところ、食わず嫌いモードです。

このクッキーは食べてます。
フィギュアが欲しかったので!

Figurine Play set/ リロ・アンド・スティッチ、わんわん物語、おしゃれキャット(パーク限定/Disneyland Resort PARIS)2011年07月08日 20:10

Figurine Play set/ Lilo and Stitch / Disneyland Resort PARIS
半額になって750円!
そんな値札に心躍らせてカゴにばかばかと並んでいた3種のパッケージを放り込んだ自分です。場所は東京ディズニーリゾート、ボン・ヴォヤージュ。
久しく入園しないで、ここでシーズン物の商品をチェックしている自分ですが、これはどうやら海外パークとの連携の品のようです。……と言うか、思い切りディズニー・リゾート・パリって書いてあるんですけど……。(むしろその方が喜ぶ傾向にある自分ですが……。)
パッケージタイトルこそ初作の映画ですがキャラクターはざっくりとTVシリーズキャラクターを含んでいます。フィギュアは、ゆわゆるPVC、ゴム人形的柔らかさを持った品ですが、小物はプラスチック製です。

Figurine Play set/ Lady and the Tramp / Disneyland Resort PARIS
ここに挙げた三作品の「Lilo & Stitch」「Lady and the Tramp 」「Aristocat」ですべてかどうか気になりますが自分の好きなタイトルはほぼ、これに凝縮されているような作品選定なので、とりあえず幸せです。犬、猫の作品ということですね。スティッチは犬くくりということで(笑)。

Figurine Play set/ Aristocat / Disneyland Resort PARIS
ベルリオーズ、マリー、トゥルーズの子猫兄弟三点セット。「わんわん物語」のバスケットで遊ぶ感覚に比べて、「おしゃれキャット」にバスケットが付属すると、何かすごく胸がざわつくんですけど……。捨てに行くフラグがパッケージに凝縮されてるような気がしてなりませんσ(^^;

お得な値段でこんなに楽しめて嬉し!

[2013/03/06公開]

三菱銀行貯金箱/おしゃれキャット(1972)2011年07月12日 18:38

三菱銀行貯金箱/おしゃれキャット(1972)
映画「おしゃれキャット」の日本公開は1972年3月11日。シリーズで初めて最新作のオンタイムにキャラクターが採用されました。
現在の感覚から行けば、マリーちゃんをクローズアップすべき作品なのでしょうけど、その視点が登場したのは90年代の後半。オンタイムではあくまでも主人公はダッチェスとオマリーです。

前作の「わんわん物語」のレディもヒロインのみでしたが今回もペアの揃い踏みは叶わず、ダッチェスのみのリリースです。
Figurine Bank / Aristocat (1972) by Bank of Mitubishi (JAPAN)
時代は70年代に入りましたが、デザインセンスはまだ古き良き時代のファンシー感があります。うっすら吹かれた青のブラシが特に時代を感じさせます。
背中はお上品なネコを感じさせるカーブ。ビアンカも演じたエヴァ・ガボールの喋りが脳内再生される可愛さです。


[2012/04/26公開]