鏡餅withシア・カーン2010年01月05日 14:25

鏡餅withシア・カーン
あけまして、おめでとうのご挨拶用に用意する定例画像は、毎年1.郵便はがきで出す年賀状、2.親の郵便はがき年賀状、3.ブログ用年賀イラスト、4.ブログで使う玩具系写真、5.仕事で依頼される場合の仕事の年賀イラスト、とだいたい4つのイラスト+写真画像という、とりとめなく多いのですが、今年はいくつか省略モード。イラストは賀状(自分と親の兼用)とブログ用の2点だけでした。(年末はばたばたしていたし、お正月は寝てましたからねぇ。)

でも、アイデアだけはくすぶっていたりして、もったいない。
そんなに消化すべきほどのクオリティや完成度はないのですが、使わないのももったいない。

今年は寅年。面白い虎のキャラクターフィギュアを集めて、正月っぽい画像を作ろうという欲求はあったのですが、それを煮詰める所まで行かず。

せいぜいのところで、手近に出せた虎キャラクター“シア・カーン”を並べて撮ったのが冒頭写真。シア・カーンは『ジャングル・ブック』に登場するキャラクターです。
ヒネってないので、なんにも面白くありません。

素材になっている鏡餅の台は祖父が塗ったもので、むしろ味のあるものを玩具なんかのっけちゃって、なんだかな画像です。ごめん、孫はバカなんです。

生煮えの遊びをする、お正月末期。仕事始め。

落し物はケータイか、ケータイの一部2010年01月05日 22:02

あっ! ボタンがない
食事に出ようとみんなで夜の神保町に繰り出した。
繰り出してしばらくして、自分の背後でガシャという異音が発生。自分はてっきりビニールパッケージを踏み潰したようにう聴こえたのだけど、そうではありませんでした。

自分お広報を歩いていたビジネスマンの集団が「落としましたよ!」と声をかけてくれたので、何が起きたのか分かりました。自分のポケットから、ケータイがするりと落ちて地面に激突した音だったのです。

お礼を言ってケータイを回収し何事もなかったかのように食事を取りました。しかし、いざケータイに目をやると何かがおかしい。妙にへんだなぁ。

サイドキーがはまっているべき部分がポッカリと空白になっているではありませんか。さっき落としたときに、ショックで壊れたに違いない!
そうなると、さきほどの場所には外れたボタンが落ちているはず……。

帰り道にその場所を捜索するとありました!
ペラペラの質感のボタンが!

奪還! ボタンパーツ
まるでバンドエイドに貼り付いているかのようにペラペラのラバーのシートに張り付く2つのボタン。これを元の場所に戻して、果たして機能するのだろうか……。

心配しながらはめ込むと、意外とその場所に馴染んで動かない。
若干心配は残るけど、押せば機能も反応するし、これでいいや!

こういう大雑把な修理で直る機械は大好きさ。