第七回配本2010年01月23日 16:35

藤子・F・不二雄大全集 第七回配本
今月は『オバケのQ太郎』4巻と『パーマン』5巻、 『ドラえもん』5巻。

オバQは一時、自主規制的に引っ込められていた「国際オバケ連合」が収録されているし、赤塚不二夫、つのだじろうとの合作「ギャハハ三銃士」まで収録される快挙。しかもクリアーな印刷で! (赤塚全集に収録された「ギャハハ三銃士」は雑誌からの復刻でザラザラだった。)

『パーマン』は、改題の危機を感じていた作品がそのままのサブタイトルで収録されていて嬉しい。

『ドラ』は……。ああ、麻痺してきた。
でも、理想に限りなく近い本になっていて一ファンとして嬉しい三冊。

コメント

_ いかすみ ― 2010年05月08日 12:28

大全集の発刊うれしいですね。そういえば復刊ドットコムに「ドラえもん・パーマン・オバケのQ太郎 完全初出版大全集」っていう本の発刊を希望する声が出てましたけど見てみたらどうですか?

_ しらいしろう ― 2010年05月09日 16:13

見てきました。
http://www.fukkan.com/fk/VoteDetail?no=50199
ここですね。
すでに完全収録状態なのになぜ? と思ったら、改変前を欲しがるページでした。そういうのは商業出版では不可能なので趣味で個人的にやるべきなんじゃないでしょうか。
なんでもパッケージ化さえると思うほうが間違いだと自分は考えます。欲しいと思うファン心理は否定しませんが、他人頼みは、ないものねだり。これは票を集めても出版されないので、募るだけ無駄だと思います。

個人的には研究書として書き換えを扱った副読本が欲しいです。ただ素材が並んでいるだけで同じ本を二度出すようなアイデアよりも、前向きな内容になるではないでしょうか。

……つまりNUがやってるようなことか……オソマツ。

お知らせ、ありがとうございました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック