手塚治虫の「火の鳥」フィギュアコレクションby奇譚クラブ2013年05月14日 13:34

手塚治虫の「火の鳥 太陽編」より伊吹丸
▲手塚治虫の「火の鳥 太陽編」より伊吹丸

手塚治虫作品はそれなりに読んでますが、正直なところ偏りがある読み方なので、胸を張ってファンとまでは言えない自分です。それでも、この商品は、ただならぬムードが立ち込めていて、一回400円という、現状ではまだ高額に感じる価格帯のカプセルトイです。
フィギュアコレクション火の鳥 鳳凰編(シークレット・切り株、我王)
シークレットの切り株のミニブックがユーモア溢れていて「なにがマスコットだ!!」に不覚にも吹いちゃいました。ラインナップから、デザインから、造型から、にじむ作品への愛情。
火の鳥 フィギュアコレクション /by奇譚クラブ
・伊吹丸【太陽編】・ノルヴァと防寒服【望郷編】の2種だけバラ売りが高いのを見かけたのでどうやらレアアソート。ノルヴァは出てないけど他は手に入ったここで辞めるのが賢明っぽい。実のところ、ノルヴァが単行本ではいないキャラクターという説明でへぇーと思っちゃったライト・ユーザーなので深追いはやめておきます。 充分、このメンツで嬉しい。
手塚治虫の「火の鳥」フィギュアコレクションby奇譚クラブ
ガチャガチャのフロントカードが朝日ソノラマを思い出させるデザインってのも、してやられた感じです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック