万世橋駅の遺構が何かになっている2013年07月08日 17:28

改めて自分は半端な姿勢で、鉄っちゃんじゃないなーなどとと自覚しながら先日も鉄道小物を買っていたのですが、あの交通博物館の跡地は通るたびに気にしている、ノスタルジックな観点での"交通博物館ファン"なのかな、と思ったり、…自分探しかよ。
ちなみに交通博物館の跡地は既にJRのビルがオープンしています。

半月ほど前には、何やら万世橋駅のあった場所に手が加えられ始めているのが表にも分かるようになっていて「ここが何の場所だったか知ってる?」とか、メッセージが張り出されて、しばらくすると改装工事で一気に綺麗になってきました。
万世橋の高架線にさす陽
この数日ではさらに工事は加速していて、あの万世橋駅ホーム部分も綺麗に手を入れられているのが確認。なんかおしゃれ空間に変貌しそうなヨカン。
交通博物館 跡地 より、万世橋駅ホーム側を見る
そこそこ通る道なので、移り変わりを相当に段階的にみている場所。なんだか変化が気になってます。

モンスターズ・ユニバーシティ クレープ・ボンブ・ケーキ(by ヤマザキ)2013年07月09日 07:49

モンスターズ・ユニバーシティ クレープ・ボンブ・ケーキ(by ヤマザキ)
イオンでは、ベーカリーで焼きたてのマイクのパンが出てるらしいのですが、コンビニや街角のパン屋さんでも、こんな楽しいパンが出てました。
自分の子供ダマシイには、すごく響く食べ物なんですが、親御さんにはウケ悪いかも?!

見かけほど奇をてらったパンではなく、美味しいですよ、マジで!

ヤマザキ/クレープ・ボンブ・ケーキ モンスターズ・ユニバーシティ

上映劇場限定オリジナルドリンクカップ/モンスターズ・ユニバーシティ2013年07月10日 19:12

cup topper figurines/ Monsters University (Mike Wazowski)/ Drink Cup
ちょっと前にWBマイカル限定版を紹介した上映館限定のフィギュアつきオリジナルドリンクカップ。あれの一般劇場版をご紹介。フィギュアは共通で、下のカップ部分の柄が、こんな感じになっています。
フィギュアつきオリジナルドリンクカップ/モンスターズ・ユニバーシティ
良く見ると右下に「In Cinemas Soon」とあるので、キャンペーン自体は上映開始前のプロモーションとして用意されたもののようです。
ドリンク付き一杯800円。
劇場オリジナルカップフィギュア/マイク・ワゾウスキ
海外ではリリースされているのに日本では未発売の残りのフィギュアを劇場系列ごとにリリースしてくれれば、ハシゴ状態になるのに、カップだけだと動機としては弱いかなぁ……

Σ(@。@;)あ、自分が両方まわってる見本か! 

ガチャ/先行販売アートコレクション モンスターズ・ユニバーシティ2013年07月10日 19:38

The Art Collection MONSTERS UNIVERSITY / By BANDAI (JAPAN)
上映館で300円のガチャガチャの「アートコレクション モンスターズ・ユニバーシティ」がリリースされていました。
でも、価格帯のことを考えるとダブリが出るたびに、クリティカルな精神ダメージを食らうのでここは街のショップが独自に組むセット販売で買いたいところ。

どんなクオリティかミニブックのデザイン見たさに1度だけの回転。
ティリ&ティリーが出ました。これはなかなか楽しみな仕上がり。でも財政的に我慢、我慢。

エッグスターズ /サリー ~モンスターズ・ユニバーシティ2013年07月11日 04:58

エッグスターズ / サリー (モンスターズ・ユニバーシティ)
出荷初日から試しにジョニーを一個すでに買っていたんですが、その後は我慢の子。……でも禁が解かれちゃいました。

二個目に手を出したのはサリーことジェームズ・P・サリバン。変形タイプはウルトラエッグ的な見地から行くとウルトラマン系の変形に近い印象。それでも並べて遊んだ時のサイズ感はウルトラに比べて、近い身長差感を出していて、シリーズ統一の気くばりが感じられます。

難点としては、尻尾が取れやすい設計なのか個体にあたってしまったのか、ポロポロ落ちます(苦笑)。むしろ折れないように外れる設計なのは重々理解している部分ですが、ちょっとストレスを感じるスカスカ個体です。
EGG STARS / SULLY (Monsters University ) by BANDAI (JAPAN)
相変わらず気になるエッグマークなのですが、スキャナーを持っていないので、もし読み込みをするとどんな反応になるのかはわかりません。

少なくとも相棒マイクは揃えてやりたいな……と、またもハマる危険なコレクションの誘惑。

銀座松坂屋コロコロコミックまんがまつり(1982~1986)チラシ2013年07月12日 19:47

コロコロコミックまんがまつり(1982)昭和57年4月29日~5月5日
先月末に閉店した銀座松坂屋で、1982年に開催されたコロコロコミックの漫画イベント「コロコロまんがまつり」のチラシやスタンプシートです。

“一生のきねんにスタンプをおしまくろう!!”とコピーがついていますが、本当に一生の記念に持ち続けている稀有な人生を歩んでしまっていますよ(苦笑)。

一生のきねんにスタンプをおしまくろう!! ~コロコロコミックまんがまつり(1982)
▲一生のきねんにスタンプをおしまくろう!! ~コロコロコミックまんがまつり(1982)

初回はこの年。藤子先生が来場して、TBSラジオの「子ども電話相談室」の公開録音が行われました。この企画は翌年にも開催。

初めてのコロコロ始動のチョロQレースが開催されたのもこの会場です。(参加したのを鮮明に思い出せます。)
銀座松坂屋/コロコロコミックまんがまつり/昭和60年3月28日~4月2日
▲銀座松坂屋/コロコロコミックまんがまつり(1985)/昭和60年3月28日~4月2日

左の交通安全とかかれたカードは葉書で、イベント会場内のオバQ、プロ猿神社にお参りすると印刷されたお守りが家に配送されるというもの。

銀座松坂屋/コロコロコミックまんがまつり/昭和61年3月27日~4月1日
銀座松坂屋/コロコロコミックまんがまつり(1986)/昭和61年3月27日~4月1日

この頃にはすでに読者まんが投稿ページ「藤子不二雄のまんが入門」に投稿し、翌々年は漫画デビューと、送り手の側への夢の実現に熱心な頃です。なのにチョロQは相変わらずやってたり。まさにマージナルなお年頃でした。(同級生からは馬鹿にされていました。)
あの頃のチョロQ仲間たちは今頃どんな大人になっているのでしょう……。

水もないのにプールな世界の耳2013年07月13日 13:53

右耳が不快なイメージ図
耳中が炎症で腫れてしまって、ずーっとプールの中でゴボゴボしてるような感触。右耳だけなのがせめてもの救いなのか。

耳鼻科へ行き、診てもらってきました。荒れてて、腫れてて、薬を処方されました。
鼻づまりも集中力を欠く、嫌な感触だけど、耳も、わりと気になりだすと集中できない。健康って、ちょっと不具合が出た途端むしょうにありがたく感じるものです……。