盗用ご遠慮願います。2010年04月07日 04:09

うーん。そうでなくてもいろいろブログに対してやる気がなくなることが起こるのに、さらに冷や水な話。

検索をかけて調べ物をすると自分のブログが出てきてどうどうめぐりになってしまうなら、まだ諦めもつくけど、我がブログから画像の転用して知らんぷりって結構あるんだと気が付いた今日この頃。

勘弁してください。

一応、引用の範囲内と元記事リンクさえいただければ報告しなくていいとして、自分としては寛容に構えているつもりなのですが、どこを見ても、まるで我が物扱いの掲載。
一般人に細かな著作権を求めるなと言うのも一方では理解できます。でも、こんなにわからない人たちだらけなのでしょうか、日本は。なんかガックシなのですよ。

コピペはだめ。最低限のことは一般の人でもわかると思うのは、職業病から高く見積もっているんでしょうか。

逆に考えてみた場合、どう思われるのでしょう。自分が一生懸命に集めたり、思い出深い品物をブログに掲載。しかし、盗用されてしらんぷり。そんな状態見つけたら気持ちいいはずがないでしょう。

いや、はっきり言ってムナクソ悪いよ。ホント。
盗用してもらうために写真撮る手間かけてるわけじゃないッツーの。

チト話がズレてしまうけど商品カタログに掲載されるような写真にも著作権はあるのかと言えば“ある”が正解。最近そんな話題で「へぇ」と思わされたのが、平面を真正面から撮影した……スキャナーで取り込んだような画像……だと、そこにはオリジナリティーがないから写真を作品としては認められないような話聞きました。(※正確な著作権については各自調べてください、これ、あくまでも個人ブログエントリーのヨタ話です。)パースが多少でも付いていれば、その角度に作家性なり創作性があるのだという解釈には、しごく納得してしまったのでした。

……でも、それでスキャナー画像は盗用OKなんて言ってる訳じゃないからね。

てな訳で、言ってもロクに読まないで盗用する不注意な人が多い気がしますが見つけた場合は意見言わせてもらいます。聞く耳はありますので、対応は柔軟にしたいと思います。 気難しい奴と嫌がられるかもしれませんが、当然の権利。ご理解いただければ幸いです。

コメント

_ しらいしろう ― 2011年07月12日 19:44

模範的な引用例
http://micechat.com/forums/tokyo-disney-resort/152973-fantasmic-official-discussion-12.html

リンク元で誘導もあるし、伝えたいことがあっての上での引用になっている。
こういう使われ方は嬉しいな。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック