漫画「みんなの山 岳」最新刊2006年09月30日 17:49

「みんなの山 岳」2巻 石塚真一・著 小学館刊
漫画「みんなの山 岳」石塚真一・著が発売。
近年一番のお気に入り漫画で、連載誌で殆どの作品を読んでしまっているのだけど、それでも待ち遠しい一冊でした。

物語は日本アルプスを舞台にした山岳救助モノ、と簡単に言ってしまえるけれど読後感のバランス感覚は絶妙。変に重過ぎることもなく、かと言って軽いものでもない。生死がむき出しで存在する遭難と言うシチュエーションを多く描き、命の重さを問う。厳しい選択を強いる自然界の絶対的な力の存在、矛盾するかの様に圧倒的な魅力を感じさせる自然。それらを同時に描き出すだけでも相当な力を要する作品であると思えるのに、ムードメイカーの主人公・島崎三歩の独特のキャラクター性が全てを飲み込み、感じさせてくれる。

アウトドアに一番遠い自分がのめり込んでいる漫画です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック