キンダーサプライズ「トムとジェリー」K99版2006年10月20日 06:50

Kinder Surprise (1998)/ Tom and Jerry/K99-n83, K99-n82
キンダーサプライズにはナンバリング表示があり、コレクターはそのナンバーを頼りに分類、トレードをしています。ここに掲載したフィギュアの場合、「K99-n82」から、「K99-n89」という具合です。「K」はおそらくキンダーの頭文字、続く番号は年度、「N」はナンバーだと思われます。但し、年度の更新は古さを感じさせない配慮か秋にリリースされる新年度には翌年の年号が刻まれていました。このフィギュアの場合、「99」となっているので実際には98年の下半期にリリース開始され翌年まで流通したものです。

ただ、このルールは全てのリリース国に当てはまるものではなく、国によってはオマケは同じなのにナンバーの表記が省略されるエリアもあるし、飛び番号が出てしまうことも普通にありました。エリアによって入れられるオマケの種類が変更されるのも常。コレクター泣かせの処理でした。
03年版として紹介したフィギュアもナンバリングがなかったフィギュアです。
この弾の「トムとジェリー」には以前のフィギュア類によく見られた、色の違うパーツをブロックのようにはめ合わせて色を再現する方法が取られています。
トムのしっぽの先の白い色を再現するために足先の白い部分と一緒に成型し、はめ込む設計はかなりこだわりを感じる部分です。
昔はシール処理だった目などの色は塗装になり、自然な仕上がりになったのも嬉しい部分です。
ただ大きな面のシール処理は健在で、耳の中の肌色や小道具のキャンバスやチーズ、ちょうちょうの柄アコーディオンの楽譜などは昔ながらのシール処理です。シールは経年劣化が起こりやすいので、綺麗に保存するのが難しいのでなんとも……。

本格上陸で一番盛り上がっていた印象のある時期の品なので日本で一番出回っているフィギュアだと思います。ほんの8年前の品ですが見覚えのある人が多く、懐かしいと感じる人も多いのでないでしょうか。


# Item Get Trade Comment
k99n82 トム(芸術家)/TOM-Artist  
k99n83 ジェリー(芸術家)/JERRY-Artist  
k99n84 トム(魚)/TOM-Fishing  
k99n85 ジェリー(魚)/JERRY-Fishing  
k99n86 トム(蝶)/TOM-Batafly    
k99n87 ジェリー(蝶)/Jerry-Batafly
k99n88 トム(楽器)/TOM-Music
k99n89 ジェリー(楽器)/JERRY-Music

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック