訃報にショック、仏俳優フィリップ・ノワレさん2006年11月27日 05:39

PHILIPPE NOIRET / by Dominique Mailelet / HENRI VEYRIER(1989)
画像は1989年映画出演100作目の節目に出版されたフランスの豪華本の表紙。どうしても欲しくて洋書店で取り寄せ注文した日が懐かしい。

先週、ちらりとネット上で一言レスのような書き込みを見て不吉な内容に冷や汗をかいたものの、記事が無かったので誤報だと思い週末を過ごしていた。
今改めて、訃報の記事の数々を見て真実だと言うことが分かり脱力感におそわれている。

『フレンチ・コップス(1982)』のベテラン刑事で始めてスクリーンで会い、『ニューシネマパラダイス』で病的と言えるほどのファンになり旧作をビデオ、新作を劇場で追いかけた。
飄々とした人の良いキャラクターは常にハマっていて好きだった。『ぐうたらバンザイ!(1969)』の農夫はお得意のトボケたキャラクター。ブラックユーモアが後からジワジワ効いて来る映画だった。
そして、まなざしで語る重い演技には毎回圧倒された。 『追想(1976年 監督:ロベール・アンリコ)』の復讐の鬼の目は忘れられない。100本目の記念作『素顔の貴婦人/原題:人生、ただそれだけ(1988)』のラストで戦死した兵士の数を暗唱するシーンも静かな怒りに満ちている表情が印象的だった。
コメディなキャラクターからシリアスな演技まで、そのコントラストが正に魅力の人だった。

一昨年くらいにフランスの映画雑誌『STUDIOMAGAZINE』誌上の写真でやせたと思っていたけれど、年齢のせいだけでなかったとしたら切なく悲しい。

残されている未公開の作品が公開されることを望みながら、追悼したいと思う。


■訃報記事
読売新聞:おくやみ/フィリップ・ノワレ氏=仏俳優 2006年11月24日(金)
長崎新聞:P・ノワレ氏死去 ニューシネの映写技師役
産経新聞:フィリップ・ノワレ氏死去 仏の代表的な俳優
イギリスBBC:French actor Philippe Noiret dies [Friday, 24 November 2006, 00:02 GMT ]
仏LE FIGARO:Noiret, un demi-siècle de talent et d’élégance [24 novembre 2006 : 07h58]
仏Le Monde:Philippe Noiret, comédien hors carte [23.11.06 | 20h33]
伊ANSA :IL CINEMA HA PERSO IL GRANDE PHILIPPE NOIRET [2006-11-23 20:23]

コメント

_ FZIRO ― 2007年01月10日 21:53

ノワレさんの死去は本当に残念です。
私は恥ずかしながら『ニューシネマパラダイス』は、
なぜか敬遠してて、これまで観なかったんですが、
つい先日仕事がらみで観る羽目になって、
やっと堪能できたばかりです。

どうも『ラストショー』あたりとゴッチャになってたようで、
単なる青春ものかと思っていたら、それをはるかに超えた
深みのある映画でした。

フィリップ・ノワレが主演だということも初めて知ったような
体たらくだったんですよ。

『追想』はなぜか封切りで観ていて
(たぶん地方では何かと併映だったはず…)、
その深さは今でもはっきりと覚えてるんだから、
彼の映画だって認識してれば、もっと早く観ていたはずです(笑)。

たまたま何の知識も無いままにDVDが貸し出し中だったんで、
VHSを借りたんですが、どうもそれは劇場公開版で、
最近出た完全版といやらもあるそうなので、
そちらも、もうちょっと時間が経ってから観てみようと思います。

賛否両論なようですが、そこがまた楽しみかもしれません…。

_ しらいしろう ― 2007年01月12日 13:54

自分にとっては80年代以降がリアルタイムなので、それ以前は後から追いかけたのですが、古い作品も良いですね。上に上げた作品以外では『マーフィーの戦い』『地下鉄のザジ』『君に愛の月影を』など、言い始めれば枚挙に暇がない人ですが、日本では「ニューシネマパラダイス」の存在が大きすぎて不思議な評価になっているようにも見えます。

某無記名掲示板の追悼スレッドでは「映画(ニューシネマパラダイス)の中で既に死んでいるのでピント来ない」と言われていたのが印象的でした。他が知られていないとも言えますが、キャラクターにそれだけリアリティーを与える演技が出来ていたとも言える”評価”だとも感じます。

このエントリー以来、こねくり回している「ニューシネマパラダイス」のエントリーもそんな状態について何かまとめたい思いでいるのですが、思い入れが激しいとかえって、まとまらないですね。(^^;

「ニューシネマパラダイス」は短いほうを繰り返してから、答えあわせのような感じで翌年見たので自分は素直に受け止められました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
右「しらいの仕事」表題赤丸の大文字アルファベット。
Next alphabet from "D"

コメント:

トラックバック